indian _crow の日記

ウエットフライ

毛鉤で引出し開拓①

マーチブラウン&シルバーマーチブラウン
双方共に名高いウエットFフィッシャーなら必ず手にしたことのある名鉤と言っても過言ではない毛鉤
名実共に攻撃力の高いパターンですよね
そんな毛鉤ですからどのような使い方をしても釣果を出せる毛鉤なのですが・・・


Indian crow 的には掌と甲のように正反対に位置付けて使っておりまする٩( ᐛ )و

シルバーマーチブラウン(Indian crow 印)
晴天&日中帯等の光量の多い水面が乱反射しているクリアウォーターでより攻撃力を発揮してくれますね
ティンセルボディ効果で沈下を促進させ素早く水面下に潜り込みます
テールマテリアルに張りのあるファイバーを使う事で水中姿勢が抜群に良くティンセルボディとの相乗効果によりスイング抵抗が軽減されるためドライFステージにもお薦めできる攻撃力ですね( ̄^ ̄)ゞ

マーチブラウン(Indian crow 印)
雲&各マズメ等の光量の乏しいフィールド条件により攻撃力を発揮します
このようなナチュラル系パターンはフィッシングプレッシャーの高いフィールドで重宝されるパターンでもあります
使用条件等の時間帯からも察すれるようにファーのダビングボディは必要以上に沈ませる事を目的とせず
ライズ等で水面を観ている鱒にもお薦めできる毛鉤です

双方共にウエットFフィッシャーであれば必ずBOXに入っている毛鉤です
名鉤と称される毛鉤なので条件に関わらず比較的に釣果に結びつきやすいパターンではありますが
改めて使い分けを考慮する事でフィールドでの引出しに繋がりませんかねd( ̄  ̄)

相変わらずのIndian crow 的偏見でした^_^

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/vogd6662

毛鉤の使い分け

Twitter等でDMをいただき毛鉤の使い分けについてお話する機会があれりました
改めてなるほどな〜な感じでIndian crow もおさらいお勉強🎶
今回は毛鉤の色ではなく毛鉤の種類の使い分けをいつものIndian crow の独断と偏見で(^◇^;)
サーモンフライ
スペイフライ
ウエットフライ
等の各ジャンルをフィールドで楽しんでいるのですが
それぞれシルエットも使用マテリアル特徴も違う毛鉤達ですよね(^^)
確かにそれぞれ水中で使用するために世に送り出された毛鉤ですが••••
これだけ違う構造やシルエットの毛鉤達を同じ流れで使うとのか⁈問題なく機能するのか⁈
ってお話です(^_^)a
スイングの釣りですから抵抗(大きさ&重さ)が増す毛鉤ほどスイング(泳ぎ)に必要な流速が求められます
サーモンフライ


♯2〜3/0サイズをメインに使用しマテリアル等をふんだんに使いボリュームのある比較的に硬い印象の毛鉤達です
なかにはマーチブラウンのような毛鉤も存在しますが
ウエットフライ&スペイフライと比べ大きさ&ボリュームからより強い流で活きる強い流を必要とする毛鉤と判断します
スペイフライ



フックサイズはサーモンフライとさほど変わりませんが使用マテリアルのヘロン&ブルーイヤー&スペイコック等は長く柔らかい素材が多く使われ
ホリゾンタルウイングやDウイングの特長から極端に積極的に沈めるのを優先した毛鉤構造ではなく
緩い流れでもマテリアルが泳ぎ水中姿勢を維持します
ウエットフライ


前者と比べ比較的に小さなサイズで巻かれる毛鉤でパターン数もかなりの種類が存在しますよね
「小さい=軽い」は単純にスイング抵抗を軽減させることができご存じのようにローウォーター等でも重宝する毛鉤です
テールやボディハックルの有無も存在し当然で水中姿勢等に大きく影響する要素になると感じでいます
この観点から最も適用範囲の広いジャンルの毛鉤と考えています

以上のことをフィールドの流れに擦り合わせると•••
3ジャンルでより強い流れを必要とする毛鉤は⁈
サーモンフライ(瀬頭〜中間)
スペイフライ(中間〜瀬尻)
ウエットフライ(中間〜瀬尻)
の順になるのでは⁉︎
これにストリーマーを組み込むと•••
Indian crow のつぶやきでした(^з^)-☆

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/vogd6662

ハックルでニヤ〜

以前からあった商品化されないようなB級マテリアルな切れ端のハックル‼︎
どう使うか温めていたホワイティングのお徳用に入っていたハックル(^ ^)
トーク側がダンで先端がブラウンなナチュラルマテリアル

コイツをいかに取り入れようかと•••ソフトハックル系でもイイのですが今回は
「Ephemera’s Jackass
Indian crow 印で楽しんじゃいましょう🎶
この毛鉤ですが改めてウエットフライって水中で使う物だと再確認させてくれた毛鉤ですね‼︎
皆さんに当然ですと言われると•••トホホですが(ー ー;)

分かりますこの光沢⁉︎
Indian crow はもうヨダレ級でさすがナチュラルマテリアル(^_−)−☆


この毛鉤ナチュラル系の雰囲気ムンムンですがまあ
指定マテリアルも全てナチュラルマテリアルなので当然っちゃあ当然なのですが
こヤツ水中に泳がすと•••皆さん使ってみて下さい‼︎
Indian crow はビックリでした⁉︎⁉︎⁉︎
そうそうボディには蝦夷のアンダーファーをグルグル巻きでござる٩( ᐛ )و

ストリーマーBOX 2023

早春の毛鉤準備に取り掛かろうかと(^^)
早い流れは勿論で緩い流れでも岸際0度まで可能な限りスイング姿勢を崩さないストリーマーを•••
ストリーマーって秋〜初夏とローウォーター以外のハードフィールドにも強い許容範囲の広い勝手の良い毛鉤ですよね(#^.^#)
先ずは近年お客様から好評化なバックテールストリーマー系🎶
過去記事にも書いてますがこのての毛鉤はオーバーマテリアルに気を付けてスカスカなくらいがマテリアルの隙間に水流が通りシルエットも維持できてマテリアルの泳ぎもベリーベストなのだ(๑>◡<๑)
ただ•••マテリアルが臭い⁉︎なんせバックテールが臭い何をやっても臭いʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

オレンジフレーム(Indian crow 印)
フィールド条件を選ばない第一級のキラーフライ‼︎
多くの鱒を獲えてきた毛鉤なのですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ソーラーウィンズ‼︎
ハイウォーターのスプリングフライで濁度にも高い攻撃力で水中での存在感を見直すきっかけになったフライなのだ

ガウラパーソン(Indian crow 印)
最もお気に入りのストリーマー🎶
第一級の大物キラーフライ‼︎特に低水温&ハイウォーターで活躍する毛鉤( ̄^ ̄)ゞ

ブラックフェアリー(Indian crow 印)
ハード条件には欠かせない毛鉤です‼︎濁度は勿論で大河等でのサーチ毛鉤にお薦めパターンです

シルバードクター(Indian crow 印)
ご存知の方も多いと思いますが
サーモン ウエット ストリーマー等の各ジャンルでも代わらぬ攻撃力を発揮してくれる頼れる相棒🎶

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/vogd6662

フック 鉤

ウエットフライのフックのお話しをと
毎度毎度のIndian crow の独断と偏見ですが(¬_¬)
基本的に細軸の軽い鉤がフィールド用途が多く使いやすいので好んで使用しています
太軸のヘビーウエイトが嫌いなわけではありませんよ
細軸を使い続けてきた副産物でヘビーウエイトフックの必要性に気が付き現在は使い分けています
あくまでIndian crow のフィールド組立に適しているだけで皆さんに当てはまるかは別ですが(⌒-⌒; )
ダウン&アクロスの組立なのでワイドゲイブを好んで使用していましたが•••ご存知のようにSPポイント某社フックの相次ぐ廃番により只今SNSにてフック徘徊中

リニューアルされんかのぅ(*^▽^*)
現在はサワダ鉤のラインナップ&¥事情でメインに使っています
クラッシックスプロート
サマースプロート
リマリック
ワイドゲイブ
等をパターンによる使い分けをしています
まったく問題ないどころか痒い所に手が届く的な🎶

ただ•••ワイドゲイブフックがワイド事情でシャンクが短い(^◇^;)
元々ワイドゲイブってポイントとアイの角度関係でそうなっているようですね•••
以前に某ショップ来店者がシャンクを短くしただけのフックと言っていたよな〜確かにサワダ鉤はそのようにも見えなくもないが実際の詳細はいかに???
求めている理想は細軸ワイドなのです
スギサカ鉤にイイ感じのがあったような( ̄^ ̄)
でもウエットFが似合う鉤の様相も重要でタイイングのモチベーションにも鉤ってそれぞれに拘りがありますよね
鉤を 折られた 曲げられた 伸ばされた等と耳にする事があります
リーダーを切られた等もですが対象サイズの大きさを表すのに使っている表現している方もいますが
対象サイズとよほどつり合わないシステムではない限りそのようなことは起きません
Indian crow もそうでしたがシステムの問題よりも釣り人側に原因がありますʅ(◞‿◟)ʃ
ウエットFフックは鱒の口を貫通させフックのゲイブを使うことでホールド力が増し本来のフック強度(性能)を使いこなせます
フックを貫通させなければファイティング中のトラクションが意図しない角度でフックにかかります(ー ー;)
口ギレは元より鉤の変形や折れ等を引き起こします
これは全てフックポイントを意図した場所に掛けれないフッキング操作のミスが原因です
フッキング操作にミスは無いと言うのであればファイティング中のロッド操作が原因です
ライントラクションがフックにどのように(角度&方向)影響しているのかの見直しをお薦めします
本来FFシステムって其々は非力ですが全てバランスよく組まれることでシステムの歯車が噛み合い強度が増すシステムです
極端に強いパーツを組込むとその前後に負荷が増し途端に壊れます
ウエットFフックって想像以上に丈夫で鱒の影響で変形することってあるのかな(o_o)

ロングシャンクやスペイフックも含め鉤メーカーのフックに前工程の操作ミスがない限り変形や折れはまずあり得ません
バイスに挟んだ時点で変形している物もたまに有りますがƪ(˘⌣˘)ʃ

数10年前のオールドフックですら破損せずにしっかり機能してますよ‼︎
気に入って使ってますがね(^_^;)

Indian crow でした

ギニアクイル

オーダーきた〜🎶
しかもギニアクイルのオーダーが入りました(๑˃̵ᴗ˂̵)
ありがとうございます‼︎
以前にお薦めマテリアルのブログねたにしましたが
やはり釣れるマテリアルってことでお客様から高評価をいただいております♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
ありがとうございます
正直Indian crow 的には当然って結果なのですが^_^;
巻きますよ〜釣れる毛鉤ᕦ(ò_óˇ)ᕤ
ってことで先ずは定番の

フリールズファンシー‼︎
コイツ数年前から一軍指定席パターン✌︎('ω')✌︎
フィールド条件に左右されずに頼れる毛鉤🎶

んで晴天のクリアウォーターではコイツですね‼︎
アトラクター系で鱒の眼を覚ましてくれる毛鉤でござるローテーションの一角に( ̄^ ̄)ゞ

ローウォーター等のハイプレッシャーに‼︎
Beauty
Guinea Fly
Black Moose
等も自信をもってお薦めできる毛鉤です

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/vogd6662

よろしく 2023

先ずはお決まりですが
今年度もIndian crow 印共々よろしくお願いいたしますm(_ _)m
今シーズンも多くの方と毛鉤を通じフィールドでご一緒できればと願っております

毎年この時期はNEWボックス製作中で今シーズンは更なるステージを目指し昨年度とはチト違う毛鉤で挑みたくパターンブックと睨めっこ中です( ̄^ ̄)

今年はモンスター捜索セカンドシーズン‼︎
Indian crow らしいスタイルで挑んで行きたいです
数年ぶりに剣を入れましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

皆様2023年もIndian crow をよろしくお願いいたします( ̄^ ̄)ゞ